マンメンミ

みなさんはトルネコの大冒険というゲームを御存じでしょうか?

 

知らない人でもドラゴンクエストは知ってると思います。

 

そのドラクエのキャラクターのトルネコという太ったオジサンのゲームです。

 

シリーズ1,2,3とあるんですが3は難易度が別格で鬼畜ゲーとしても知られています。

 

その中でも異世界の迷宮というダンジョンの難易度は激高なんです。

 

もう10年以上も前のゲームなんですが僕はこの異世界のダンジョンに何度も何度も、それこそ気が遠くなるくらい潜り続けてきたんです。

 

10年以上で2000回近くもです。。。

 

フロアが99Fあって下り進むにつれ敵の攻撃も激化していくんですが少しの判断ミスでそれまで費やした数時間が水泡に帰してしまうんです。。。

 

頭を使わないとまず無理で、ひとつの操作ミスでの死、運悪くパンが手に入らず餓死したり理不尽な倒され方をしたり運の要素も幾分あります。

 

どんなに理詰めでいっても運悪くゲームオーバーになってしまうとこがクソゲーたる所以でみんなやめてくんだと思います。

 

でも苦節10年、私ついにクリアすることができたんです。この達成感たるや。

 

 

 

 

発売されてから2年くらい経つんですがスプラトゥーンというゲームを御存じでしょうか?

 

オンラインでマッチングした人たちが4対4で戦うTPSです。

 

やってることはサバゲーみたいなもんなんだけど一番の特徴は弾がインクなんです。このアイデアが画期的で素晴らしく、インクを塗りあうことで優劣が決まるんです。

 

FPS、TPSの類にはエイムといって銃の照準を合わせる能力が不可欠なんですがこのスプラトゥーンというゲームにはそのエイムが皆無の人たちのためにローラーや筆、バケツといった今までに無いブキが盛り沢山なんです。。

 

そしてキャラはボーイとガール2種類あるんですが、このキャラの動きがとてもかわいくて愛くるしく、ギア(洋服)も豊富で世界観もすごくポップなんです。

 

この辺がキッズや女性、TPS初心者にも受け入れられた要因だと思います。

 

僕も存在自体は知っていたんですが姪っ子にやらせてもらって一気にハマりました。

 

ただスプラをやるためだけにWiiUを買うのもどうかと思い友達に話したら使ってないというので貰い受けました。

 

それから半年間暇さえあればずっとスプラやってます。1試合1〜5分くらいなんですが延々とやってます。

 

トルネコはターン制なのでゆっくり考えることができますがスプラはアクションよりなので瞬間的な判断力、反応反射音速高速が必要とされます

 

僕はアクションはあまりやらないし得意でもないんですがスプラはステージをインクでヌリヌリしてるだけでも楽しいです。

 

僕は野良メインのぼっちプレイでフレンド申請しないんですが来る者拒まずでフレンドさんもたくさん増えました。

 

フレンドさんとワイワイするのも楽しいです。

 

僕のニンテンドーIDは「idleaz12」です。よかったら一緒にどうですか?

 

その時はイカしくです。

 

スプラトゥーンに関しては書きたいことがいっぱいありすぎて長くなりそうなのでまた別で書くかもしれけらそん。

 

 

 

 

 

 

 


ガラケー is dead

よく晴れた日に高校の近くを友達の子供とお散歩していた時のこと。

 

目の前から1人の男子学生が息を切らし走ってきて開口一番僕に言いました。

 

「すいません!携帯を貸してもらえませんか?」

 

僕は「いいですよ。」とその学生に恥ずかしながらガラケーを渡しました。

 

するとその学生は「あれっ?アレッ?ヤッベェ間違えた!」

 

とか言って焦った様子で両手で何度もボタンを押して首をかしげている。

 

ははぁ、こいつガラケーも使えねぇ小童だな。。。と思い

 

「番号言ってくれたら僕が押しますよ。」と僕が代わりに押してあげました。

 

その日は模試があったらしく、その学生は忘れ物をして母親に電話したかったらしいんです。

 

おそらくその学生はガラケーなんて幼いころのかすかな記憶の向こう側。

 

だから対応できずにあたふたしていたんだと思います。

 

有数の進学校の学生ですらガラケーの前には、未知との遭遇にはタジタジなんですね。

 

電車に全裸で乗ってても気付かれないくらいみんなスマホに夢中ですからね。ムッチュゥー。

 

「助かりました!ありがとうございました!」

 

何度もお辞儀をしてからオワコンに助けられた学生は来た道を走って戻っていきました。

 

数式や英単語覚える前にガラケーの扱い方覚えやがれ!この青二才がっ!

 

とか言わせない好青年でした。

 

ところでこんにちわ。

 

今を笑ってる人々。

 

ガラケーからスマホに持ち替えるみたいに異性を。

 

取り残された僕にはガラケーがお似合いですね。

 

いつか僕も皆の記憶から消えていくんでしょうねガラケーみたいに。

 

ワンツー、スリホー、ハイブテンポは遅れてる僕からは先を行く皆の背中は見えません。

 

甘酸っぱい僕らの歴史がたくさん詰まったガラケーは滲んでしまって進んじゃいない。

 

でも頭のどこかでまだ芍薬が咲いていたらと。

 

もしそうなら昨日までのことはおいといて僕は生き返り銀河まで飛ばす電波。

 

ただ今はガラケー is dead

 

 

 

 

 

 


パラダイムシフト

小さい頃のある日僕はカチンカチンのウンチが出た。肛門がヒリヒリしてやっとこさっとこひねりだしたが、その一発のウンチがトラウマになり、それからイップスが発症してしまい自信をもってウンチを出来なくなってしまった。

それからというものウンチがしたくなったら忍者のように片膝を地につけ、踵で肛門に蓋をしてとにかく波を乗り切るといった、いささか強引なスタイルを僕は確立した。

でも出ようとするものは止められるはずもなく、ちょくちょくというか、しょっちゅうウンチを漏らす子供だったんだ僕は。

僕が小学生低学年の頃、耳田くんがウンチを漏らした。半ズボンの裾からウンチをポトリポトリと落としながら先生に連れられて廊下を歩いてる。僕は隣の教室からその光景を見てヘンゼルとグレーテルがパンをちぎり、道に落としながら歩く話を思い出した。このウンチを掃除してしまったら耳田君は帰ってこれないんじゃないか?とまでは思わなかった。

そもそも耳田って苗字って変だし珍しくないですか?あと彌勒君て名前の友達もいた。ほんとまんまるアンパンマンみたいな顔でポッチャリのんびりさんでお家はお菓子工場だった。菩薩の一族が経営するお菓子工場だ。

それからウンチを漏らした耳田くんはご多分に漏れずイジメの対象にされた。幸いなことに小学生のイジメだからかわいいもんだった。ウンチでリンチだ。

僕は以前と変わらず耳田君と接した。ウンチを漏らした人間の気持ちはウンチを漏らした人間にしか分からない。僕は小学生の頃にはもう漏らさなくなっていたけど、、、まあウンチ漏らす先輩と言うよりウンチ漏らすOBである。遠慮せず何でも聞いてほしい。



僕は中学生の頃半年ほど新聞配達をしていた。ある日新聞を配り始めてすぐに強烈な便意が襲ってきた。新聞を配り終えて家に帰り着くまでには1時間ほどかかる。

 

少しの段差に車輪がぶち当たるだけでもう僕のお腹はソイヤソイヤのワッショイお祭り状態。なにわの借金取りがドアを激しくノックするが如く慈悲も容赦もない猛烈な便意が14才の少年の肛門をノックする。

 

その都度自転車を降り、カゴに入れた新聞が倒れないよう手でハンドルを抑えつつ、前述にあったように踵で蓋をし、祭りの沈静を図った。まだ未納の新聞を使って野ウンチも考えたけど僕のウンチのせいで新聞の見れない家庭が出るのはウンチを耐えるより耐えられなかった。

 

まあ無事に家のトイレで用を足せたんだけど僕の長い大便人生でこの時に便を放つことで得られたカタルシスは忘れられない。ベストオブウンチだ。

 

また、これ程の便意を我慢できたのは世界に僕だけなんじゃないかと思った。中学生特有のとんだ勘違いである。

 

 

大人になってからもたびたび僕はウンチを漏らした。

 

ある日僕が友達と電話で楽しく話していたら、その時洗濯を始めた彼女がデカい声で「ホニー君のパンツうんちが付いてるぅ!!」と叫びやがったんだ。電話の向こうの友達は爆笑である。

 

 

フットさんが僕んちに連泊してる時にはフットさんが体調を崩してウンチを漏らした。とりあえず着替えさせてウンチの付いたパンツを捨てていいかと聞いたら「誕生日にお前に貰ったパンツだから捨てられねえ。」って。

 

それは光栄なことだが洗うの僕なんですけど。。。

 

仕方なく僕はフットさんのウンチの付いたパンツをバスルームで洗いました。。。

 

一見、綺麗な友情のようにみえますが実際は汚いです。

 

 

僕は覚えてないんだけど、昔ノブくんと呑みに行ったとき、居酒屋を出て僕が

 

「俺さっきウンチ漏らして今ノーパンなんだ。」と言ったらしい。

 

「えっ!?じゃあパンツはどこにやったの?」と聞かれ

 

僕「トイレの貯水タンクに入れてきた。」

 

今ならこの脱糞野郎にウンチ投げつけてやりたいですね僕は。

 

圧倒的謝罪だぽ。

 

 

そして割と最近も漏らしたんですね僕は。

 

でもこれを読んでるあなたたちだって漏らさないまでも、トイレ我慢したエピソードくらいあるはずです。

 

世間一般ではウンチを漏らすことは恥ずかしいことで我慢して当たり前だと思われてますでしょ?

 

しかしこの価値観をひとつスライドしてみてはどうだろうか?

 

漏らすことが当たり前。我慢できれば褒められる。

 

そうなればすぐそこに優しい世界が待っている。

 

表題のパラダイムシフトとは少し意味合いが違うかもしれないが他に言葉が出てこなかった(出るのはウンチだけ、、)ので大便、、、いや、勘弁してほしい。

 

漏らしたウンチばかりの内容になってしまったことも大便、、、いや、勘弁してほしい。

 

失礼しました。

 

 



 


マッスルスパーク

僕は170cm60kgの中肉中背、着る服はMサイズのもろ平均的なつまらない体をしてるので筋肉隆々の体になったら面白いんじゃないかと思い体を鍛えてる。

小生思い立ったら即行動。まずはトレーニングについて勉強。

情報化社会において正しい情報とそれ以上に誤った情報が溢れかえってる昨今、なんにでも当てはまることだけどなにが正しいか精査する慧眼も大切かと思います。

年齢と共に人の筋肉は衰えていきます。鍛えてないならなおのこと。

ストレッチ30分、筋トレ30分、ランニング1時間をストレッチは毎日、筋トレは体幹と四肢にわけて2日づつのローテ、ランは強雨の日以外ほぼ毎日。

僕はチョコレィトやおやつが大大大好きで体型維持のためや糖尿病が怖いので腕立て、腹筋、ランニングは前からぼちぼちやってた。

スナック菓子なんて一発で2袋とかペロリだぜ!アイスもうーまい。

そんな僕はよほどのことがないかぎり病院に行くどころか薬も飲まない。極力自然治癒だ。病院や薬に便りがちになると病への免疫が弱まりそうだから。。薬だって副作用の可能性はゼロじゃないでしょ。実際僕は風邪すらめったにひかずの息災人だ。

ストレッチは血行促進、怪我予防のため全身くまなくやる。今までまともにやったことなかったけど気持ちがいいもんだ。

筋トレは自重トレのみ。ジムでウェイトやったほうが手っ取り早いんだろうけどジムには行ってない。1度は行ってみたい。

体幹筋トレはクランチ、レッグレイズ、サイドベント、背筋。これを限界まで3セット。サイドベントは本をトートに入れてやってる。

四肢筋トレは腕立て、スクワット、チンニング。これも限界まで3セット

ランニングは堤防を走ってたんだけど今工事中で走れないから比較的新しくできたと思われる公園の外周を走り回ってる。

堤防を走ってるときは犬の散歩、ウォーキングの人、野良猫、夜行列車、ブラスバンド部の学生であろう女の子が(勝手に女子と思ってます)トランペットの練習をしてたり、学生が乳繰り合ってたり、なかなか趣がある。

公園にぶら下がり健康器みたいなのがあってこれでチンニング、いわゆる懸垂をやる。





懸垂ってかなりキツイです。僕は最初っから全力でやらないと無理。運動してない人がやって1回でもできればいいほうだと思います。(足が地面から浮いてる状態で)

これを僕は順手、逆手で限界3セットやる。あまりのキツさから誰もいない公園で1人「ナダッ!」とか頓狂な声を闇夜に轟かしてます。

みんなが正月だクリスマスだと浮かれてる時も、おまえらあああが乳繰り合っている時も、雨にも風にもマケズ頑張った。

この季節走ってたら鼻水が止まりません。他のロードランナーの皆さんはどうしているのか?

しかしランニング後に飲むビールは殺人的においしいです。どんなおつまみもかなわない。

これからはマラソンにも参加してく。サブ3、サブ4目指す感じじゃなくのんびり楽しく走れたらいいってくらいのユルさで。

僕は洋服のサイズが変わるのはヤなのでゴリマッチョになる気はない。体格的にも無理がある。

ちなみに食事制限みたいなのはしない。プロテインも飲んでない。でも食べるものに関しては今回勉強してみて改善しなければと思い少し気を使うようになった。

人間の体は食べ物でできてる。添加物や人工的なよくわからないものが入った食べ物を現代人は食べてる。食の安全なんて無いってのは毎年起こる不祥事でみなさん御察し。そして現代人は不自然なものに囲まれて生活してる。ビーガンやマクロビまでとはいかないまでも、一生付き合っていく自分の体だからこそ、できるだけ自然なものを口に入れようと思いました。

ランニングも筋トレも大変キツイ。こういったトレーニングは体を鍛えるイメージだけど続けるのは意思が強くないとできない精神のトレーニングでもあると思うんだ。

それなりにいい身体になってきた。腹筋も割れた。だからとて今のとこ私生活においてなんの役にも立ってない。

僕はボディビルダーでもアスリートでもない、まして裸で抱き合うような異性もいない。

しかもトレーニングやめた時点からせっかく鍛えた筋肉もだんだん衰えてく。それ故にもはや止まれぬ。

健全なる精神は健全なる身体に宿る。

花は枯れ朽ちてく見てくれ。愚痴る前に自分を見てくれ。惰性はガン。

頼れるのは自分の意思と体。

五輪の東京にピント合わせてます。

楽しそうな空気求め探す旅人に屁のつっぱりはいらんですよ。





 

夏の思い出 手をつないで 

漢なら生きてれば死にそうな目にあうことがだれかれ少なからずあると思う。

大学1年生の夏休み僕は地元に帰り友達3人(僕、パニー、コマキ)でカラオケに行ったんだ。今じゃ男3人でカラオケなんて到底考えられないぜ。パニーは奄美が生んだらいらいらくらくな野生児。コマキは1コ下の金持ち長身スレンダーなモテ男。

でカラオケで燃焼した僕らはあまりの暑さのため帰りにプールに行こうってことになった。

有刺鉄線の柵を乗り越えプール内に進入した僕らはパンツ一丁でバカ騒ぎ。ループスライダーを下から上に登るといった営業中にはできないプレイを楽しんでごきげんいかが?はしゃごうよパラダイスだ。そんなだだアガリトランス状態の僕らに地獄の底から聞こえてくるようなおぞましい声が響いた。

そいつはフェンス蹴飛ばして「オイッ!オルァッ!オマエラなにやっとんじゃゴルァ!!」僕らはビックリした猫のように飛び上がった!ほんとに恐ろしい声の男だった。後々コマキが調べたらそいつは地元の勇士サダトラって男らしかった。

僕らのはしゃぐ声がうるさいと近隣住民から通報がいったんだろう。

文字どおり草食男子の僕らはライオンに狙われたバンビのように慌てふためきあっちこっちに逃げようと飛び跳ね体をぶつけあう。

でもほんとに殺されるかと思ったんだ。圧倒的な威圧感だ。警官のほうが数百倍マシに思えた。

必死に逃げた。横を見るとコマキもいる。パニーとは残念ながらはぐれてしまったみたいだ。。僕らはプールの隣の民家の庭に身を潜めた。

僕とコマキは逃亡するため作戦を練る。とりあえずパンツ一丁で街を歩けば目立ってしょうがない。そこで僕らは隠れた民家に干してある年寄りの肌着を拝借。しかもかなりボロボロだぜ。。。でもパンツ一丁より少しマシ程度にはなった。そこで僕はコマキに

「コマキ、お前はまだ高校生だから捕まったら停学だ。だから最悪捕まりそうになった時は俺1人が捕まるからその間にお前は逃げろ!」

そんなかっこいいことを僕は言ったんだ。そして2人でプールの敷地を脱出しようと意を決し歩き出した。





出口に向かって歩いてたらサダトラの車が停まってた。エンジンかけっぱなしで中にはいない。安心しきった僕ら2人は笑いながら余裕でその横を素通り。

すると暗闇からまたさっきのおぞましい声が。。。「オイッ!オイッ!待たんかコラァ!」

言うが早いか僕らは血相を変え踵を返し走った。この時走るコマキを僕はぐんぐん追い抜いた。

さっきの言葉はなんだったの?瞬間コマキは思ったらしい。ごもっとも。。。

ハンターみたいにサダトラが追ってきてたかどうかはわからない。後ろなんて振り返ってる余裕はなかったんだ。

そして血迷った僕は到底駆け上がれない傾斜60度はあろうかという坂に向かって走った。もちろん駆け上がりきらず振り返り今度は駆け下る。しかしそこに僕のすぐ後ろを続いて走ってきたコマキとまたぶつかる。

そして違うルートを模索し僕はあろうことか草ボーボーの5mくらいの崖を滑り降りた。今なら現金10万貰ってもムリ。極限状態だからこそ成せるわざである。

多草のおかげで体は途中で停止した。しかし顔だけ振り返るとコマキが後追いで滑り落ちてきた。そして僕がコマキの股の間にすっぽりハマッタ。コマキが両手両足で僕の体を抱き込む格好になった。ここで下手に動くと草に触れてカサカサ音がするので僕らは月といっしょにこの体勢のまま息を潜めて30分くらい過ごした。





公園で寛ぐカップルのような状態で30分だ。全力疾走の後だから息を殺すのもおぼつかない。ヒソヒソ話でまた作戦を練る。そして僕ら2人は動いた。少し奥に進み、落ちた分今度は上に上がらないといけない。

僕らの前に5mくらいの壁が立ちはだかる。どうやっても登れっこない。しかし天は僕らを見放さなかった。

うまい具合に上からツタが垂れ下がってたんだ。僕はこれに掴まりインディージョーンズばりに壁を登る。

こんなかっこいいシチュエーションなかなかないぜと彼女にフラれたての僕は元カノにこの姿を見せたかったなぁ。。と思った。そしたら惚れ直してくれるんじゃないかってさ。。。こんな状況なのにこんなこと考えてたらコマキがなぜか同じツタに掴まり登ってくるじゃねーか、おバカ。

さすがに2人分の体重を支えきれずツタは途中でプツンと切れ、コマキが落ち、溝でみぞおちを痛打。その上から落っこってきた僕が追い討ち。さすがにこの件を何回繰り返すんだよと思った。

そして別ツタをつたいやっと登りきった途端月明かりに浮かぶ人間のシルエットが!!まさかサダトラか!?心臓が激しく波打った!!

最初にはぐれてからずっと行方知れずだったパニーがそこに立っていた。パニーは最初ずっとスライダーの下に潜んでたらしい。ついに3人が揃った。みんなでこの再会を喜んだ。

そこで僕はパニーのいでたちに驚いた。僕らと同じボロボロの爺シャツ着てる!しかもジジイのサンダルまで履いてやがる。さすがだと思った。玄関開けてパクったらしい。

それを見て僕とコマキは靴をずっと履いていないことに気づく。靴や洋服はプールの中に置きっぱなしだ。そしてコマキは財布の中に免許証が入ってて見つかったら足が付く。

この喫緊の事態にパニーが「俺が取ってきてやる!」

頼りになります野生児。僕とコマキが待つこと数分、パニーが衣服や靴を持って帰ってきた。

これでクロスをまとったセイントみたいに僕らは完全体になった。

さあ3人揃った、装備も整った、あとは脱出するのみ。

僕らは意気揚々と出口を目指して歩く。怖いものなんてない僕らはもう3人揃ったんだ。

と思ったのも束の間、、出口付近に近づいたらまた暗闇から「オイコラ待たんかクソボケカス!」サダトラ出現。。。

暗転。。。怖いものありました。。

このプールの出口はひとつしかないんです。

サダトラはそのたったひとつの出口に陣取ってるんです。

走って追っかけられ僕とコマキは階段の方へ、パニーは駐車場の方へ。

久しぶりの全力疾走。息はあがり胸は苦しい。僕らはまた散り散りになった。。。あいつの執念はなんなんだ。しつこいぞ。あいつは殺人鬼か?

もうダメだ。もうイヤだ。あいつがあそこにいる限り僕らは脱出なんて不可能だ。

そこで僕とコマキはプールの裏山を越えることにした。パニーを残していくのは忍びないがあいつなら一人でなんとかするだろう。

草木の生い茂ったTHE、山だ。山あり谷ありのサバイバル。

僕はビビリなんでコマキに手をつないでもらって歩いた。安心する。臆病こそが野生の性。

ホタルがいっぱいいる。近くに川があるのか森にもホタルがいるんだなと思った。ファンタスティックだ。道しるべになってくれる。

静かで幻想的な山道を男と手をつないで黙々と歩く。やっと車道に出た。走ったり歩いたりで僕らはかなり喉が渇いていた。僕の手持ちは50円、、、

「コマキお前いくら持ってる?」

「20円、、、」

70円で買える飲み物は自販機にはない。。。

子供のように物欲しそうに2人で自販機を見る。手元不如意ゆえ買えませぬ。。

仕方なく公衆トイレで水をがぶ飲みする。生き返った。

車道に出てから僕らは車が通るたびにサダトラじゃないかとビクビクした。少しずつ少しずつ進み、そしてやっとパニーの家に辿り着いた。

もしかしたらパニーが先に帰ってきてるんじゃないか?と期待したがそこにパニーの姿はなかった。。。大丈夫だろうか?

明るいとこで見たら僕らの体には草がたくさん付いていて、いたるところ擦過傷だらけだった。

そして僕ら二人は休む間もなくパニーを救出に行こうと車に乗り込んだ。

パニーの母ちゃんの車だ。運転手の僕は無免許だ。緊急事態だから止むを得ない。

もう辺りは白んできていた。コンビニでパンと飲み物を購入しプールのただひとつの出口の見える場所に僕は車を停めた。

刑事の張り込みと同じだ。まあこっちが犯罪者まがいなんだけど。。。

しばらくして出口から一台の車が出てきた。サダトラの車だ!

僕らはその車が遠くに走り去るのを確認してからプールの敷地内へ入った。

パニーは見当たらない。クラクションを鳴らしながらパニー!パニー!と呼んでみるが返事はない。まさかサダトラに連れ去られたんじゃないか。。。

何往復かして不安を抱えたまま僕らは捜索を打ち切りまた家に戻った。そして僕らは疲れからいつのまにか眠ってしまった。

午前10時くらいだったか僕らはパニーに起こされた。オラおっでれーた。

パニーいわくお墓に隠れてていつのまにか寝てたそうだ。お気楽というか図太いというか。

しかも隠れてるときサダトラが近くに寄ってきてもうダメだ、見つかる!!って時に

飛び出して「うややぁっ!」って猫パンチをおみまいしてやったらしい。この凱旋により僕ら二人の中でパニーは一気に英雄になった。

しかしサダトラからしたらたまったもんじゃない、悪いのは明らかに僕らなのに1人も捕らえることもできなかった上、窮鼠猫パンチまでおみまいされる羽目になるとは敵ながら同情してしまう。マフィアに遣わされた刺客ならボスに消されてもおかしくない大失態だ。

この事件の後コマキは薄情な僕からは離れていき、英雄のパニーと昵懇の関係になったのはみなさん想像に難くないでしょう。

なにわともあれ僕らは最高のかたちでこの追いかけっこを逃げ延びたんだ。

俺らを捕まえられるもんなら捕まえてみな!とっつぁ〜ん。

ヌフフフフフフ
 


手負いの猫と手負いの男たち

今年に入ってからとゆうもの色んな負の事象が群れをなして襲ってきて誠多忙の極みでありましてブログを書くことすらままならず、さらに今回新たな問題が勃発し、ええい、ままよ!と強引に筆を取った次第です。

薄い月明かりの下、車を走らせていると道路の真ん中に白いお饅頭みたいな一匹のネコがちょこんと座ってたんです。

ひき殺されてぇのかバカヤローと言わんばかりにクラクション鳴らす。

するってえとどうです、足を引きずりながら動いた。なんだか血も出てるじゃない。

あー、、こいつ轢かれたてほやほやのネコだ。。。このままじゃまさにジバニャンだ。。

半死半生の状態を見てしまった以上、捨て置くわけにもいかず病院に連れて行こうと捕獲を試みる。

しかし捕まっては殺されると思ってるのか足を引きずりネコ必死に逃げる。猫かぶってたっつうくらい猫動く。

「だいじょうぶ!俺は味方だ!病院に連れてくからっ!」

フーフー、ニャーニャー言ってる。ちょっと何言ってるのか分からない。

「俺は敵じゃない!お前の味方だっ!」繰り返す。。

数分ねこ様と格闘。

この時ばかりは言葉の通じない相手にもどかしさを感じる。

なんとか助手席に乗せると観念したのかおとなしく横になってる。

ゼーゼー息してまさに今際の際。

病院までの道のりずっと「大丈夫だ!頑張れ!死ぬな!」と俳優しか吐かないような台詞を連呼する私。

陣痛の始まった嫁を病院に連れてくが如く鼓舞しながら往く道を急ぐ。

最寄の動物病院に着いたけど夜も遅いので閉まってる。ピンポン連打、インターホンつながった。医者がいてくれました。ひとまずほっとした。

「あなたのネコですか?」と聞かれたので「いいえノラ猫です。」と答えたら「あなたが飼い主ってことになりますけどいいですか?」って聞かれた。きっと支払いはあなたになりますよってことなんだろうけどそんなこと気にしてる場合じゃない。

出てきた医者は目の下に殴られたようなアザのあるオッサンだった。犬にパンチでももらったのか?。。。おまえが大丈夫か?だ。

ケージを渡されこれに入れて連れてきてくれと言われ、また嫌がるネコと格闘。デジャヴ。猫をケージに入れるのに猫の手も借りたい。

レントゲンを撮ってる間にトイレで血の付いた手を洗いながら鏡を見ると顔に2センチほどのかすり傷があった。捕獲のときは夢中になってて気づかなかったんだ。とんだプッシーキャットだぜ。。

そういえばあの猫はオスなのかメスなのか。。。その疑問はすぐに解決した。

レントゲンの結果、お腹に赤ちゃんがいたんです。

ナンテコッタ。。。

内臓破裂してたら赤ちゃんも厳しいらしい。。

そしてアザのある医者が優しく甘ったるい声で「大丈夫だよ〜。頑張ってね〜。」とかなんとか言いながらショック死しないように安定剤かなんかの注射をした。

正直オッサン気持ち悪いよと思ったがネコを思ってのことなのですぐに自分の考えを恥じた。そして僕も一緒になってネコを応援した。

目の下にアザのある男と顔にキズのある男、とてもカタギには見えないオッサン2人に猫なで声で話しかけられながら注射されてるネコの絵面。陵辱されてると思われても仕方ない。死にそうな猫は生きた心地がしなかっただろう。。。

レントゲン写真の名前のところに僕の名字、その後にホゴネコって書いてあって、なんだか切なく思ったので名前を付けてやってもいいですか?と聞くと、いいってことなので名付けさせてもらった。

「あじフライ」。通称あじだ。ネコは魚が好きという古典的かつ安直な考えから至った名だ。

あとオシッコがちゃんと出るか点滴みたいなやつをして一晩様子を見ましょうってことでこの日は終わった。

後日連絡がきて、あじの命は助かったが子宮がダメだったらしく子供は残念な結果になってしまった。

そして今後あじを飼えるかと聞いてきたが僕は今ネコを飼える環境にいないので里親を探すことになった。

以前犬を拾ったときも探したのでどうにかなると思った。そしてどうにかなった。

ネコを数匹飼ってるおばあちゃんの友達に相談したら二つ返事で了承してもらえた。僕はなぜか老人子供にはウケがいい。ありがたいことである。

僕はとりあえず元気になったら野に返してやってもいいと思った。野良猫には好きで野良をやってるやつもいるかもしれない。猫の自由だ。でもおばあちゃんは継続して飼ってくれるらしい。お優しいご婦人だ。

おばあちゃんが「名前を付けてあげなくちゃねぇ。」と言ったので、「あじフライでどう?」って聞いたら、おばあちゃん笑って「じゃあ花子にしよう。」ってアジフライやんわり却下されました。。。

あじが元気になったら人間に化けて「あのとき助けてもらったネコだにゃん。結婚してくださいにゃん。」とかなんねえかなとか思ったけど子供がいた時点でそれもアウトだし、旦那は今頃どこでなにしてるのかな?って。

人間が車を発明してなかったら猫が車に轢かれることもなかった。車なんて動物からしたら大迷惑でしかない。人間が快適に暮らすための犠牲になってる動物はたくさんいると思う。

だから車に乗る人間はせめて自分で轢いた動物くらいは助ける義務があると思うんだ。万物の霊長なんだろ?

車線の塗料に動物の嫌いな成分とか混ぜ込んで道路に近づかないようにできないのかしら。

ところで動物病院は保険がきかない。まいっちゃうニャー。でも助かってほんとよかった。。人も猫も生きている。

退院するので今からお迎えに行きますにゃん。


honeymoon

やっぱり日本人ならハニームーンは国内なら熱海、海外ならハワイがデフォですか?

新婚ほやほやデレた僕ならヨダレ垂らしてこう言うだろう。

「貴女とのハニームーンならどこへ行こうが宇宙旅行の気分でござ候。えへへ」

あいにく今回ハネムーンじゃなくコタツさんと男2人でヒャワイ。。。




えっ!?男2人で。。。?




ヒャワワワィィィィィ???


夏から長引くメンタル下降線。。。でも前から約束してたし。。。ええ、行きますよ。コタツさんすぁせん。

コタツさんは去年ウクレレ始めたらしくウクレリスト?ブー高木?になりたくてウクレレの勉強に行くんだとさ。

大丈夫か、、、?と、お兄さんちょっと心配になります。。。


ハワイ行く前に調子と自転車に乗って皇居の桜見に行ったんだ。

皇室がなんか記念で皇居の一角を開放してたんだけど、チューブからハミガキ粉がムニュニュ〜って出てるみたいに人の波がムリムリうごめいてて僕にはこの人波に1人で突撃する気力もないので、、、

結局入口の桜だけ見て退散。

「ひとつだけみんなにお願いがあるんだ。」

「桜を見たら僕を思い出してくれないか。」

ホニ武者はキメ顔でこう言った。


皇居の桜、狂気の桜





自転車乗ってたらいつのまにまにタバコ落としてた。。。さらに風邪ひいた。。。

家の鍵をポケットに入れたまま洗濯しちまうし、オットマンの上でアイロンかけたら焦がすし、買い物間違えるし、まあ相変わらずの残念っぷり。。。

そんな残念なローテンション&最悪なコンディションで行ってきましたワハイ。コタツさんには申し訳ない。

成田までお婆ちゃんと海外について語り合い、成田では酒を呑み、テイクオフした機内でも酒を呑み、目覚めればアロハ〜!





常夏のハワイって言うじゃな〜い。草?のスカート履いた女がアロハ〜って言うじゃな〜い。







全然暑くない。。。

これは風邪ひいてるせいじゃない。風強くてむしろ肌寒い。。。

ハワイについてまったく調べず予備知識0で来たからね。。

後で知ったんだけど年間通して30度超えない常春なんだ。

海は透き通ってて綺麗だねモチロン。うん。

海なんて入ってる人より砂浜にいる人の方が多かった。。。

とりあえず泳いだけど浜にあがればオンショア寒いっす。。。でも短時間でもハンパなく焼けます!

マジでこんがり上手に焼けました〜!


あとハワイは日本人だらけ。。。うん、知ってた。。。

ハワイは海外じゃないよ。半分日本だよ。まいっちゃうよね。

ワイキキ周辺で遊んでれば1日100組以上の日本人カップル見れんだよこれが。枚挙に遑がない。。

プギャッ!!

ワイキキにいたら毎日クリスマスだよこれじゃ。。。なんなんだよ!もうおうち帰りたくなってきたよ。

もう観光地として完成されていてディズニーみたいな印象です。

ちなみにコタツさんは帰国後カノジョとディズニーだそうです。。お前もかっ!

世の中には2種類の人間がいる。

僕と








僕以外の人間だ。

僕は僕以外の人間の幸せを願ってる。皇室ばりの笑顔で日々過ごしてる。

だがしかし、お前らときたらどうだ!自分たちが良けりゃそれでいいのか?

答えは否。

みんな僕を喜ばせておくれ。悪い夢から僕をゆすって起こしておくれ。

world is mineかオメーら!クソが!

あーもう僕は知らん。ハワイに僕はいないことにします。おっけい!

いや、いるにはいるんでやっぱキラウェアから飛んできた石ころと化します。おーらい!


聞こえてきやがる。



どんな感じだい
どんな感じだい
一人で生きるって
帰る家もなく
誰にも相手にされず
ライク・ア・ローリング・ストーン





うるさいバカ!聞くなバカ!ウンコかバーカ!



イエローモンキーの僕が座って一服してたら乞食やらビッチやらにタバコをよくねだられる。

その日もスケボーに乗った若者が「タバコくれ。」って、タバコあげたらお礼に50セント貰った。

儲かった。

去り際手を振られて

「謝謝〜!」

と言われた。

搞错。。。

「ユー吸っチャイナ」とか言ってない。。。ジャップだよ。

時を越えパールハーバーに刺さささった。失敬。






ある日行ったレストランでは僕らの後に入ってきた客が

来る客、来る客、全部日本人だったんだよコレ。。

10組くらいの日本人だらけの店内。もうそこは日本となんら変わんねー。

速攻僕らは店移りました。。やれやれだぜ。。。

お店選びはローカルがよく入ってるお店に行くかローカルに聞いたほうがいいと思います。

いやいやハワイ自体はいいとこなんだよ!あーそうさ、楽しいとこなんだよ!ただ、、、


失せたから以下、ダイジェストでお届けします。

手抜き?知らんよ。いつか酒を酌み交わしたなら話してやるよ。



男2人でオーシャンビューのレストランでディナー。。。





スキージャンプやってそうな坂道





自分でステーキ焼く。





サンダルで登ったダイヤモンドヘッド。





ハワイアンミュージック聴きながら飲めます。





ぼっ、ぼっ、僕はおにぎりが食べたいんだな(清)





ビーチのすぐそばにあるホテルのプールの必要性。。。





どこにいてもメメンコリック。眠れない。。。





これ何だと思います?なんとこれが今回僕のテンションを一番アゲてくれたモノなんです。

日本にもあるかもしれないです。普通にあったらゴメンナサイ。

こいつがおもしろいオチもつけてくれました。





帰りの飛行機が同じでとなりに小島よしおが座ってきました。

オーラまったく無かったです。。。

僕はそんなの関係ねぇと酒飲んでゲームしておねんねしてました。

もう気持ちは次の国。





帰国啾啾


 


シンガーソングライダー

今日は春子ばっちゃんも誕生日。

永久西の空へSUNSET






炭焼きイモ〜、おいもっ!






開聞岳と砂蒸し温泉






モトクロス見に行った。これはジュニアクラス。

下は8歳とかがピョンピョンとバイクで跳ねます!すごいなぁって思いながら見てました。






これなんだと思います?





あにはからんやラーメン屋です!看板も何もない強気な商売してますw芸能人も来ます。

暇な人は見つけてみてください。



友達の子供が誕生日だったのでバッティングセンター連れてった。





2人ともテンション上がって2人で300球近く打ちまくりました!



フットサルもたまにやってます。





ワールドカップイヤーですから!



恋人たちは寄り添って静かに歌うのでした。。。

誰だよお前ら!





喋々喃々いいですな。。。

僕が寄り添ったら夜が明ける。夜が明けたら僕は消える。



甥っ子は僕と同じ名前で髪型も同じ。





だったんだけど、僕は冷たい土の中から春の訪れた地上へ出てくるキノコの如きソフトマッシュにしたんだ。





不幸なキノコは毒キノコ。過ごした時が愛おしすぎて毎日ここに埋まってる。引っこ抜いてください。

間違って食べたら吐き気、眩暈、嘔吐、幻覚まで見えちゃうよ!

キノコヘッドで春を演出。心は腐っても気持ちが淀んでも頭ぐらいは春でもいいでしょう。想い出がたくさん詰まってる。ほんとなんだ。





写真メインも紛れるのはその時だけで茫漠たる闇には勝てないのさ。

雨が身体を叩き風がバイクをなぶる。

灰色の路面に落っこちたiPODを拾いにいく。

そしてまた僕は顔を濡らして歌うんだよ。

伝わるかな?

伝わるわけないよな。。。
 


知足

大人はスマホばかり見てる。子供はDSばかり見てる。僕は苦痛で時計ばかり見てる。

時計は生活の中で重要なポジションにあるのにもかかわらずそのほとんどの時間を見られることなく淡々と過ごしてる。

夜中3時の夢で目が覚め僕は時計をじっと見た。。。

闇の中にすっぽり落ちたような静けさの中、時限爆弾みたいに針の音だけがする。

秒針が5秒、、、10秒、、、と進む。。

10秒寿命が縮んだ。。。

と同時に10秒生きた。

人生には時限があり、最後は誰だって死ぬ爆発。

最近TVを見る機会が増えていろんなニュースを目にする。

毎日いろいろな事件がまあよくあるもんだ。殺人、暴行、わいせつ、横領。。。

大半の人は画面の向こう側でおこってる出来事と感じ流すでしょう。

でも何がきっかけで被害者、または加害者になるなんてこともあるかもしれない。

僕は夢でなら人を殺したことがある。どうやって殺したか覚えていないけれどお寺の鐘の下に埋めた。夜空にお月様浮かんでた。土はひんやりと冷たかった。

そして普通に日々をおくり、ある日警察が僕の部屋を訪ねてきたとこで目が覚めた。


あるメダリストは「日本人であることを誇りに思う。」とコメントしてた。

その誇りに思う日本人が毎日事件を起こしてる。

なに人とか人間が勝手に言ってるだけで地球からしたらみんな地球人だろう。

国別に物事考えるから戦争とかが起こるんだ。

まあバイアスがかった考えなのはわかるし、そんなんじゃ不合理で世の中回らないってのもわかるけどそう思ったんだ。

異常気象なんてのもここ数年言われてるけど短期的に見れば許容範囲内かもしれない。

でも加速度的に悪い方向に向かってるのは間違いない。1000年後はどうなってる。。。

今の世の中にあるものでこれがなきゃ生きていけないってモノは本当に少ない。

人間が快適に生きていくためと金銭という概念が産んだビジネスのために存在するものがほとんどだ。

車、パソコン、テレビ、コスメ、オシャレ、橋、グルメ、マンション、無くなったって死にはしないだろ?

人間は今見えるもののシアワセのために後の子孫の寿命を削ってる。

僕だってこんなこと思ってても車で排気ガス撒き散らし、動物食べて、オシャレしたり資源を貪りながら図々しく生きてる。

生きてた動物の肉を食べるくせに人間が死んだら少なくとも仏教徒は火葬だ。

 

心のこもった「いただきます」を言えてる人がはたして存在するのでしょうか?

形式だけのいただきますやごちそうさまよりも人間の死体を焼かずに動物に食わせて還元するほうがよっぽどいい。

生まれた時から肉は食べるものとして刷り込まれて生活してるけど、もし逆に牛豚が人間を食べてたら。。

恋人や家族を食べられたら人間はきっと牛豚を恨むでしょう。

もし家畜が喋れたら?家畜が懸命に許しを請うたら?ベジタリアンがマジョリティになるでしょう。

畜生は人間を恨みながら殺されてると思う。コンチクショーってね。。。僕らはそんなことを知って知らんぷりしてパンドラの箱にギュウギュウに詰め込む。

僕が地球なら超高速で自転して人間共を残らず宇宙空間に振り落とす。

ゴロゴロリモコン片手に世の中わかったような気になって、クリックひとつで世界を旅したような気になって。今度こそうまくいく気になって。

結局なんにも変わりはしないんだ。闇に鈍いのは僕には変えることができなかった。

思い出が後悔に変わるなら僕の全ては悪業だ。

のべつまくなし屈託し本もまともに読めやしない

春になっても心に溶け残ってる。止まったまんま。

身をやつす日曜に背を向ける。

せめてこれ以上辛い日がきませんように。
 


今夜どころか一生ピタカゲ

あけておめです

こないだ友達の子供をゲーセンに連れてってメダルゲームやったらメダル使いきれなかったんで預けたんです。

それを使いきろうと一人でやってきましたゲーセン。

知ってた?今時のゲーセンのメダル引き出すのに指紋認証いるんだぜ!

1円にもならないもんに指紋認証って無駄にセキュリッティ厳重ですよねコレ。

メダルの保持期間は30日。

そういえば僕は昔よそのゲーセンに同じようにメダルを預けたことがあったんです。

で、そろそろ30日経つからと遊びに行ったんです。

そしていざメダルをおろそうとしたら表示が0枚だったんです。

店員の女の子に言ったら「期限が過ぎてるんじゃないですか?機械が管理してるので間違いないです!」って言われたんです。

僕は絶対に期限は過ぎてないと主張。女の子は同じセリフの一点張り。。。

(##゚Д゚)イラっときて「お前じゃ話にならん!上のやつ連れてこい!」っつったら店長らしき男が来て機械を調べてくれました。







期限切れてた。。。。乙

女の子に謝りメチャクチャ恥ずかしくてそそくさと退散しました。。。(僕のあのときの自信はどこからきてたんでしょうね。。)

輩のとても小さい話ですいません。。。

さておき知らなかったんですがゲーセンのジジババ率は異常です!





ゲームしか楽しい遊びを知らない今の子供たちが大人になったらきっとゲーセンはえらいことになる?

もしくはパチンカスか?

少なくともメダルゲームはジジババばかりです。

そんななか一人でゲーセンでメダルゲームやってる。

この時はクリスマス前です。

はい、隣にカップルがやってきました。

そして喋々喃々と話すのでした。ズルい。。。

睨みをきかせて(`・ω・´)ムッキー!ってメダル投下ですよ。

この機械なんだかディズニーみたいな雰囲気です。





そしたらね、イエスかキリストか知らないけどね。





僥倖!!!

はい、恵まれないコノオトコノコノトコにジャックポット降臨。タッタラ〜ン♪

隣のオジサンは「よくチャンスゾーン?に行くね〜!」つって話しかけてきて(たぶん上の写真のデカい液晶のとこね)

逆隣のオバサンは拍手してくれました。

やめて、恥ずかしーわ!!!

ほんとに欲しいものはこんなもんじゃない。

でも彼女にいいとこ見せてやれました!人の。。。

さて、あなたたちのため僕は消えます。





そして30日後、見事にこのメダルも消滅しました。

はい、そうです。行くの忘れてました。そんなものです。メダルは恋人じゃないですから。いや、消えるとこは一緒ですね。。。

永遠 なんてもの あるわけないでしょ。

ピタカゲってのは韓国語でひねくれって意味らしいです。カムサハムニダ。

帰りの高速から見上げた輝く星空は寒くて寒くてとてもとても綺麗で。

神様が人間を作ったなんてよく言いますが、むしろ神様を作ったのが人間じゃないですか。。。

神や仏や天国や地獄、そんなもの無いでしょう。人間が都合良く大脳で作り出したモノなんだ。

いつもは神社すら行かないのに困った時だけ神頼みだコレ!

御託並べて自己犠牲のふりした自己保身ですかソレ?

うん。エゴイストのお願いさ。

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
Live Moon
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 過払い金請求j
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM